簡単和食

さばのみそ煮の作り方【簡単レシピ/フライパンで時短するモテ料理】

投稿日:2019年6月16日 更新日:

サバのみそ煮を作ってみました。

フライパンを使いましたが、中までちゃんと味が染み込んでおいしかったです。
煮詰まると焦げてしまうので、火加減の調節がポイントになります。

作り方はブログで詳しく紹介します。

こういった和食が作れる男子はポイントが高いはずです。
ぜひモテてください。

 

こんにちは、しろ(@azarashi0706)です。

さばのみそ煮」を作ってみたのでレシピを紹介します。

 

今回のポイントは「霜降り」という下処理で魚の臭みを消すところです。

子どもや魚の臭みが苦手な人でも食べやすくなります。

ちなみに大層な名前がついた下処理ですが、お湯をかけるだけなので難しくないです。

 

また「簡単&時短」がブログのコンセプトでもあるので、今回も火が回りやすいフライパンを使います。

火加減の調節も紹介するとおりに作れば失敗することはありません。

 

作り方を知っていると男子も女子もポイントが高い料理だと思います。

ぜひ「さばのみそ煮」を覚えて、モテモテ男子女子になってください!

 

スポンサーリンク

 

「さばのみそ煮」の材料

材料:1人前

さば 2切れ
みそ 大さじ3
しょうが 1かけ
大さじ2
みりん 大さじ2
砂糖 大さじ2
しょうゆ 小さじ1
100cc

 

しろ
切り身(中骨なし)を使うのがオススメ!下処理が減るだけでなく、食べやすいです!

 

「さばのみそ煮」の作り方

ポイント

A.浅い切れ目を入れて、火の通りと味の染み込みを良くする!

B.「霜降り」で魚の臭みを消す!

C.焦げ付かないように火加減を調節、適度にフライパンを揺らす!

 

【作り方】

1.さばの背中に斜めの切れ目を2本入れます。

ココがポイント

浅い切れ目で大丈夫です。切れ目を入れると火の通りが良くなり、味が染み込みやすくなります。

 

2.さばに熱湯をかけて臭みを取ります。(霜降り

ココがポイント

血合いを箸で洗う感じで落とすと臭みが消えます。

 

3.以下の調味料をすべてフライパンに入れて混ぜます。

みそ 大さじ3
しょうが 1かけ
大さじ2
みりん 大さじ2
砂糖 大さじ2
しょうゆ 小さじ1
100cc

 

4.フライパンに入れた調味料を火にかけます。(強火

 

5.調味料が煮立ったら、さばを入れます。(中火

 

6.フライパンに落しぶたをして、さばを煮ていきます。(中火弱火

ココに注意

焦げ付かないように中火⇔弱火で火加減を調節します。また、適度にフライパンを揺らしましょう。

 

7.10分くらい煮たら完成です。

 

スポンサーリンク

まとめ:フライパンで時短&簡単に!冷蔵・冷凍も可!

さばのみそ煮

 

さばのみそ煮」のレシピ紹介でした。

敷居が高い和食メニューのイメージはありますが、フライパンで時短&簡単に作ることができます。

また、食べやすさ重視でなるべく骨がない切り身を使うのが良いと思います。

特にさばの骨は硬くて強いので、子どもがいるご家庭は気をつけてください。

 

ちなみに冷蔵・冷凍できるので、まとめての作り置きもオススメ

個人的には少し置いて味が染み込んだ状態が好きです。

お得な情報

 

【ブログランキング】

ブログランキングに参加しています。

クリックで応援頂けると励みになります。

にほんブログ村 料理ブログへ  

スポンサーリンク

-簡単和食

Copyright© しろくっきんぐ , 2019 All Rights Reserved.